更年期障害寝汗

40~50代女性で異常な寝汗?それって更年期障害かも

これって更年期障害かな?と思う症状が出たことはありませんか?

今まで体験したことのないほど異常な寝汗など、女性の更年期障害には色んな症状があります。自分では更年期障害だと気付かないほどの小さな症状から、毎日毎日つらく感じるものまでさまざま。

ここでは、更年期障害はどんな症状が多く、それぞれの症状に対してどんな改善策を取っているのか、実際に更年期を過ごしている女性の声を集め、紹介していきます。

身体にあらわれる更年期障害の症状

更年期、つまり女性が閉経を向かえる前後の時期に、卵巣からのホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れてしまうことにより自律神経が乱れてしまいます。その結果、身体に不調な症状が起こってしまう更年期障害。

自分ではコントロールが不可能な症状がほとんどで、この時期つらい症状に悩まされる女性はとても多くいます。それでは、更年期障害で実際にどんな症状が起こるのかみていきましょう。

顔がほてる・ホットフラッシュ

自分ではまったく意識していないにも関わらず、突然首から上がカッと熱くなり汗をかいてしまう症状

女性ホルモンのエストロゲンが減少し、脳の視床下部が混乱を起こし自律神経が乱れてしまったために、汗をかく調節ができなくなることから起こる症状です。

汗の量は人によってさまざまですが、ダラダラとスポーツ選手並みの汗をかいてしまうことも。いつ起こるか分からないため、恥ずかしくて外出するのが嫌になったという声をよく聞きます。

ホットフラッシュが気になる人は、体温調節のしやすい(脱ぎ着が簡単なもの)服装で出かけたり、扇子を持ち歩くなどして対策を取りましょう。

多量の汗・特に寝汗

先ほどのホットフラッシュのように、カッと熱くはならないものの急に汗をかいてしまうことがあります。そして、更年期の女性の多くにみられるのが寝汗

更年期では卵巣の機能が低下してしまい、ホルモンの分泌が減ってしまいます。にも関わらず脳は寝ている間にも女性ホルモンを出すように卵巣に命令を出し続けます。それでもホルモンが出ない状況に脳が混乱し興奮してしまうため、自律神経の乱れを起こし発汗してしまうという流れになってしまいます。

更年期特有のこの寝汗は、下半身にかくことが多いのが特徴です。下半身に寝汗をかいている間、下半身は冷えてくるため上半身に熱がこもり始めます。結果上半身からも発汗し、身体全体から大量の汗をかいてしまっている、ということもあるのです。

寝汗が続く間はベッドや布団に吸収性が良く、洗濯のしやすいタオルやシーツを敷いておくと取替えのストレスが半減します。そして寝る前にはなるべく心も身体もリラックスした状態で就寝することをおすすめします。

身体がだるい・倦怠感

人は激しい運動をしたり、何かに神経を集中させたりすることにより疲労や倦怠感を感じます。ですが通常であれば、ゆっくり睡眠を取ることでその疲れを取ることができます。

睡眠時間はたっぷりと取っているはずなのにスッキリしない日が続いている、そんな症状があれば、更年期障害の1つかもしれません。

ホルモンの分泌が急激に減少したために起こる、自律神経の乱れにより、身体のバランスは大きく崩れてしまいます。それをどうにか保とうと、脳は必死に信号を送り続けます。その結果、疲れが続き寝ても寝ても改善されないまま持ち越されることになるのです。

身体が重くて、だるくて何もできない。そんなときこそほんの少しで構いません、運動を取り入れましょう。少しの運動を毎日することで、身体本来の働きにより近いルーティンになり、気分も変わっていきます。

身体のむくみ

寝起きに顔がむくんでいる、手足がパンパンになってしまっているなどの症状も更年期に大変多く見られます。

原因としては通常のむくみのメカニズムと一緒で、水分の代謝が良くないということ。身体に流れる血液は必要な栄養や酸素を送り、リンパ管を通して余分な老廃物を外へ出します。その老廃物の排出に欠かせないのが自律神経の働きです。

自律神経が上手く作動しないために、老廃物や余分な水分を排出する機能が衰え身体の中に貯まってしまいむくんでしまうのです。

そしてもう1つ、筋肉の収縮により助けられる血液やリンパの流れが、更年期に見られる筋肉の衰えにより悪くなり、むくみの原因になっているともいわれています。

先ほども紹介しましたが、ここでもやはり少しの運動を取り入れることで筋肉の衰えにストップをかけ、代謝を良くしむくみ対策を取りましょう。

頭痛

更年期の女性の7割近くもの人に起こるといわれている頭痛。頭痛にはさまざまな種類のものがありますが、更年期に起こるものの多くは偏頭痛緊張型頭痛です。

偏頭痛とは、脳内の血管が拡張してしまうことで起こるもので、頭の左右どちらか、もしくは両方がズキズキと痛みます。ひどいときには吐き気や実際に嘔吐してしまうこともあります。

もう1つの緊張型頭痛とは、頭が何かにギューっと締め付けられているような痛みを感じるもの。時にはめまいや目の奥の疲れを伴うことも多いのが特徴です。

頭痛の症状がある人の多くが、首や肩のこりを感じる場合もあります。頭痛や肩のこりを感じた時は、首をゆっくり深呼吸をしながら上下左右に曲げ、固まってしまっている肩甲骨を開いたり閉じたりしてストレッチをしましょう。

動悸

誰でも急激な運動をした際、胸がドキドキしたり息があがったりします。このような動悸が運動をしていないにも関わらず起こってしまうのが更年期障害の1つです。

何もしていないのに急に胸がドキドキしてしまったり、睡眠中に心臓がバクバクとして起きてしまったり。これも自律神経の乱れにより、呼吸や心臓の拍動をうまくコントロールできずに起こるもの。

ドキドキ来るかな?と感じたときにはゆっくりと深呼吸をして動悸を鎮めるようにしてみて下さい。その際、呼吸は吸うよりも吐くほうに集中すると上手くできます。

心にあらわれる更年期障害の症状

更年期障害の不調な症状は、身体にあらわれるものだけではありません。更年期は精神面でもとても不安定な時期、身体とあわせて心のケアも重要なポイントにになってきます。

それでは、心の不調とはどういったものがあるのか、みていきましょう。

イライラ・不安

女性ホルモンのエストロゲンには、気分を安定させる働きがあります。そのエストロゲンが減少することで、気分をコントロールすることが難しくなり、イライラや不安な気持ちになってしまいます。

症状がひどくなると、気持ちが落ち込んだ状態が続きうつのようになってしまうことも。身体の不調が原因で、なぜかパッとしないのがストレスとなりイライラや不安に繋がることもあります。

あまり気分が乗らない場合でも、家から少し出るだけで気分が変わったりもします。そんなときこそ頑張って外へ出て、キレイな空気で1度リフレッシュしてみましょう。

睡眠障害

睡眠障害には4種類あります。布団に入ったけれどなかなか寝付けないもの、1度眠りに入ったけれど朝までに何度も起きてしまうもの、起床予定よりも2,3時間早くに目が覚めてしまうもの、そして睡眠は取れているのに寝た感じがまったくしないものです。

睡眠障害は、ホルモンのバランスが崩れたことで起こる全ての不調が原因となり、起こっているものです。

各症状を少しずつでも改善していくことで、身体への負担が減り、心の落ち着きを取り戻し睡眠障害を緩和することが可能です。

まとめ

いかがでしたか?それぞれの症状への対策法も少し紹介して来ましたが、やはりこの時期1番大切なのは身体に必要な栄養素をしっかり摂り、身体全体のバランスを保ってあげることです。

更年期障害の大きなキーとなる女性ホルモン・エストロゲンの急激な減少は、大豆に含まれるイソフラボンで補うことが可能です。

毎日の食事から補い切れないものは無理をせずサプリメントで取り入れましょう。イソフラボンから作られるエクオールならエストロゲンの代わりとなり、直接更年期障害の症状を改善してくれる成分がピンポイントで含まれています。

更年期障害の不調は我慢せず、エクオールサプリでゆっくり改善していきましょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事