40代子育て更年期障害

40代、子育て中の更年期障害は精神的に辛かったです。

私が更年期の症状として最初に感じた事はですね、毎月必ず決まったサイクルで来ていた月経がですね、2ヶ月に1回になったり、かと思えばですね、1ヶ月に2回になってしまうとかですね、2年くらい前から頻繁にと言うか…毎月決まったサイクルでは来なくなりましたね

あと月経量もですね、1ヶ月に2回来るときはですね、量がかなり少なくなり、そして日数も3、4日で終わってしまいますね…(それまでは、1週間くらいで初日は少なくて、2日めと3日めが量が多くてですね、後半は少なくなっていくサイクルでしたね)

そしてですね、2ヶ月に1回の時は、5日くらい続いて、量は前半は少なくてですね、後半になると多いんですよね。かなり多いです夜寝る時に、心配になるくらいの量なんです…

更年期障害の症状がでてからは、いつ月経が始まるか?予測出来なくなってしまったから常にですね、生理用品をカバンの中に入れて持ち歩いていますね。

更年期障害で感情のコントロールが大変に!

精神的にイライラしやすく!感情のコントロールが大変になりました。

私は、今現在は家事と子育てに日々追われていますが、それでも気分が落ちて何だか無気力になる事が増えてしまいました…自分の意思とは関係なくです!今、1番の悩みです…

症状としてはですね、例えばですね、朝、家族を送り出すまでは何とか元気に?朝ごはんの支度と洗濯、掃除までは頑張れるんですが…家族がですね、全員出掛けてしまい私1人になるとですね、何だか…ふーっと力が抜け落ちてしまい、何もしたくなってしまいます、本当に悩んでいます…

酷い時はですね、子供達が学校から帰宅する時間まで、本当に同じ場所に座ったまま、ずっとぼーっとしてる感じで過ごしてしまうこともあります…

それで、帰ってきた子供達が、いろいろと用事を頼んできたり、宿題を見たり、夕飯の支度の事などを考えていると急に?パニックになってしまい、私1人で勝手に怒り出してイライラしてしまったりと…

私自身は更年期障害の症状だとわかっていても、子供達には、この症状を理解できるわけでもなくて…イライラしている母を見てしまい、泣かせてしまうこともあります…本当に本当に申し訳なくて、凄く、この症状に悩まされています…

更年期障害は、いつ、どのように?発症したか

それは、6年前の下の子を出産後にですね。月経が戻りだしたくらいから、少しずつ症状が現れてきましたね。

最初は些細なことでイライラするようになり、でも、その時はですね、育児ストレスかな?くらいにしか考えてませんでしたが…で1歳になり少し育児が落ち着いて、イライラの症状も治まるかな?と思っていましたがどんどんひどくなって…3年くらい続いて、少しずつ症状がひどくなって…おかしいなぁ?自分の意思と何かちがうな…と感じていましたね。

苦労した、悩んだ症状はですね、最初は、まさか更年期障害だとは思ってもいなかったから、理由が分からなくて家族にもいろいろ迷惑や心配を、かけさせてしまった事、自分自身も自暴自棄になった時が一時ありましたよ、今思い出しても、あの頃の自分は大嫌いです!

こんな風に、理由が分からなかったこと、が凄く苦労した事ですね。

更年期障害の症状を緩和するため、行っていること

そうですね…薬は本当に本当に、辛い時にしか頼りませんが、服用していますね。あとは、私が、1番症状が落ち着くのがですね、とにかく何もしないで、寝ること、好物の物を食べること!

なるべく自由にさせてもらい、ストレスにならない、イライラしないように、家事もサボりますよ!私にとっては、何もしない事が1番に症状が軽くなります。

同じ悩みを持つ女性の片へ

そうですね…更年期障害って、経験された方しか、その苦しみや、悩みを周りの人に理解してもらうのって、なかなか経験されてない方には難しいですよね…

私の場合はですね、主人にはなかなか受け入れてもらえず…周りにもなかなか言い出せなかったんですね、けれども私は、1番身近な経験者の母親と、姉に相談しました。

そしたらですね、更年期障害の話を出来ただけでも少し気分が楽になれましたね。母には「大丈夫よ、時期がくれば終わるから、いつまでも、いつまでも一生続くものじゃないから、子育ても手伝うよ」と言ってもらえて、心が軽くなりましたね!

それから、姉からは、更年期障害の症状の緩和には「エクオールサプリ」が良いと教わり、イライラ症状が長く続く時に、服用してますね。気休め?かもしれませんが気分的に精神的に楽になる感じがしますよ。

私と同じ悩み、症状の方はたくさん、いると思います。でも1人で抱え込まずにですね。誰か1人でも いいんですよ!同じように気持ちに寄り添ってくれる人がいてくれれば!それは、母親でも、友達でも、旦那さんでも誰かに理解して一緒に過ごして、側にいてくれる人が大切だなと感じています。


関連記事


ランキング


おすすめ記事