ホットフラッシュ更年期障害症状

ホットフラッシュで汗が吹き出すのが更年期障害の一番の症状です。

私の更年期障害の症状はホットフラッシュで、顔に大量の汗をかきます。症状は真冬の寒い日でも、急に頭や背中が熱くなり、汗が吹き出てきます。ハンカチで拭いてもなかなか治らず、拭いても拭いても顎から汗が滴って書類に落ちたりもするのが悩みです。

熱くなるのは頭と背中と首の後ろで、汗は頭から出ていると思います。汗をかいてるのを見られたら恥ずかしいと思ったら、余計に汗が止まらなくなります。朝や夜家にいるときよりも、昼間会社で仕事中の時の方がなることが多い気がします。汗をかくのは頭と顔と首で、お腹や脚には汗はかきません。

50歳になった頃、急に症状が現れました。最初は太ったので、そのせいで汗をかくのかなと思ったのですが、冬でも夏でも季節に関係なく急に熱くなり、5分くらいすると落ち着き、しばらくするとまた同じ症状になる。これを繰り返します。気温に関係なくなるので、もしかしてこれがホットフラッシュではないかと思うようになりました。

困るのは仕事中で、会議の時や人と話すときにも急に熱くなるので、1人で汗を拭いていてとても恥ずかしく悩みました。会社には、毎日ハンカチを5枚持参しています。ポケットにはハンカチをいつも入れているのですが、ポケットがない洋服だとすごく困ります。

近所の病院で、更年期障害にも効果があるというので、プラセンタ注射を週に2~3回打っています。始めてから1年半位経ちます。正直効いているかと言えば微妙な感じです。が、なんとなく少しは症状が軽くなったような気がします。治ったわけではありませんが、少しでも緩和されるならと思い、これからも続けるつもりです。

腕に打つのですが、人によっては青あざみたいになります。しばらくすると治るのですが、半袖の時は見えてしまうので腰や肩に打つこともできます。女医さんの病院に行くと、症状も分かってもらいやすいので、女医さんの病院に行っています。

女性ホルモンの減少対策で、エクオールサプリメントを今も欠かさず飲んでいます。エクオールサプリメントの口コミや評判を調べたのですが、私と同じような悩みで通院している女性も結構いて、本当にびっくりしました。

あとは漢方薬を併用するともっと良いらしいのですが、1日3回飲まないといけないので、これは面倒でやめてしまいました。

プラセンタ注射は、美容目的だと保険適用外ですが、更年期障害の治療だと保険が適用されます。注射だけだと2回目からは診察はいらないので、すぐにやってもらえ、時間もそんなにかかりません。近くにやっている病院があれば、やらないよりはやってみた方が良いと思います。人によっては私よりも効果が高くでる人もいるかもしれません。

あとは食事ですが、私は大豆製品を多く摂るようにしています。大豆は更年期障害に良いとテレビで見たので、豆腐や納豆を積極的に食べるようにしています。

最近は慣れてきて、仕事中に汗が止まらない時は、すっとトイレに立ってクールダウンします。トイレに立てない時は、うちわで扇いだり首の後ろに冷えピタを貼ったりしています。

最初は汗をかくのが恥ずかしいから、なんとか人に知られないようにしようと必死でした。でも、焦れば焦るほどもっと汗が出てきて止まらなくなるのが分かりました。

暑い夏場はコンビニで凍ったペットボトルの飲み物を買って、ホットフラッシュになったら、ペットボトルを首に当てて冷やしてます。夏の間は使えるアイテムです。

年齢的に更年期障害になってもしょうがないと開き直って、誰かに何か言われたら「更年期障害だから」と言えばいいと割り切って考えるようになりまして。そう考えられるようになったら気が楽になって、そんなに辛くなくなりました。

最近はホットフラッシュがきても、あーまたきたなと言う感じで、上手く付き合うことができています。来ないなこしたことはないですけど。あと数年の我慢だと思うので、それまでは、プラセンタ注射エクオールサプリ食事開き直りの気持ちで乗り切っていこうと思います。


関連記事


ランキング


おすすめ記事