更年期障害男性

更年期は男性にもあり!ホルモン補充療法のリスクも紹介

近年、女性と同様に男性にも更年期にあたる時期があるという考え方が広まりつつあります。

もちろん女性の更年期とは全く内容は異なるのですが、40代~60代の男性に、集中力の低下や、疲労感の蓄積、不眠、性機能の減退といった不調のために、日常生活に支障が出るレベルにまで悪影響を及ぼしてしまうケースを指して男性の更年期と呼んでいます。

男性の更年期には女性のように閉経のような明確なサインもありませんし、女性ホルモンの量が大きく変動するという事もありません。しかし、加齢による体力の低下や仕事のストレスなどによる環境要因によって自律神経が乱れたり、男性によっては男性ホルモンのテストステロンが減少したりするのです。

男性の更年期が女性のそれと大きく異なるのは、更年期の男性が男性ホルモン「テストステロン」の減少を必ずしも伴うわけではないという事で、男性ホルモンの減少により更年期をになる男性もいれば、職場のストレスなどが引き金になり、その結果として男性ホルモンが減少するという男性もいるのです。

男性の更年期もやはりテストステロン量が診断の重要な判断基準となっています。なぜなら、テストステロンは男性の性機能の維持だけでなく、体全体の活力源だからです。

男性更年期の症状と、女性にない顕著な特徴とは?

男性の更年期に関しては先述した通りですが、まだまだ男性更年期の概念は医療従事者の間でも診療科や医師によって考え方にズレや個人差があるのが現状です。

男性更年期の主な症状は体がだるい、疲れやすい、発汗、動悸、めまい、手足のしびれ、性機能の低下、憂鬱、イライラ、不安、記憶力や集中力の低下、冷え、不眠などで、基本的には女性の更年期症状と同様です。

ただ男性更年期の場合に顕著なのは、女性ではそれほど明確ではない“性機能の低下”が浮き彫りになる事です。医師によっては性機能の障害度から更年期障害を診断しよう考える人もいて、性機能の低下が男性更年期の大きな診断基準になっている事は確かです。

男性ホルモンのテストステロンは精巣から分泌される男性ホルモンの代表的なもので、テストステロンがしっかりと分泌される事によって、男性は男性らしく生きられているわけで、テストステロンは男性の筋肉を発達させ、ひげを濃くし、勃起力を維持させる役割を担っているのです。

一般にテストステロンは20代をピークに50代後半あたりから徐々に減りはじめるとされていますが、70代になっても精力が盛んで性行為を行っている男性がいるように、男性のテストステロンの分泌量に限っては非常に個人差があると言うのが現状です。

精神的なストレスによってテストステロンの分泌量が一時的に低下する事もあるのですが、多くの男性はテストステロンを外部から補充する事によって肉体的にも精神的にも活力を取り戻し、更年期を克服する事ができています。

男性の更年期障害はどうやって治療するの?

女性の更年期障害の治療ではホルモン補充療法などの明確な治療方法があるのに対し、男性の更年期障害はこれといって決まった治療方法があるわけではありません。

なぜなら、男性更年期の原因が男性ホルモンであるテストステロンの減少によって起こっているケースもあれば、職場や家庭での外部要因ストレスなどが原因で起こっているケースがあるからです。

前者の男性ホルモン不足の場合は外部から男性ホルモンを取り入れて活力をアップさせてあげれば良いのですが、後者の場合はパートナーや家族などの精神的な支えが更年期障害克服に必要になるからです。

男性もホルモン補充治療が効果的だが・・・

医療機関で血液検査をし、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減っている事が判明した場合は、女性の更年期障害の治療と同じくホルモン補充療法が効果的である事が多いようです。

閉経した女性が女性ホルモンが全く分泌されなくなるのと違い、更年期の男性の場合は男性ホルモンの分泌量が減少しているだけなので、外部からのホルモン補充療法が女性ほど劇的に効果があるわけではないですが、それでも男性ホルモンが充実し、更年期障害を克服できるケースも多いようです。

医師によると、ホルモン補充療法により気力が充実して明るくなる、瞬発力が出る、性機能が回復する、皮膚の弾力性が回復するなどの効果が得られるようです。

しかしホルモン補充療法には問題もあります。

日本で行われているテストステロンの補充療法は注射薬のみなのです。適切な飲み薬がない事が決定的なデメリットだと言えるでしょう。

通常テストステロンの補充注射は2~3週間に1回のペースで行うのですが、男性の血液内のテストステロン値が生理的な範囲を超えて上昇するので、一部の専門家からは「前立腺がんにかかるリスクが高まる」とも言われており、その他にも肝臓に負担がかかる、肝機能が悪化する、善玉コレステロールが減少する、むくみやすくなる、なども様々なリスクも指摘されているのです。

要するに、更年期障害を治療するためのホルモン補充療法にはそれなりのリスクが伴うという事なのです。

安全なサプリメント療法で男性更年期障害対策

更年期障害をどうにかしたいけど、ホルモン補充療法はあまりにもリスクが大きすぎる…そこで、最近更年期男性に注目されているのが安全なサプリメント療法です。

例えば下記で紹介する楽天ランキングで1位を獲得しているサプリメントはマカ、トンカットアリ、亜鉛、アルギニン、トナカイの角、などの成分が絶妙なバランスで配合されていて、

男性機能改善、男性ホルモン、テストステロン対策などの更年期障害対策で非常に人気が出ています。

安心安全日本製☆昼も夜も活力みなぎる毎日を!タフdeナイト


関連記事


ランキング


おすすめ記事